ブログを約二ヶ月続けてわかったこと

blogを始めてそろそろ二ヶ月がたちます。なかなか、サーバー設定とWordpressの設定ができなくて悪戦苦闘したのを合わせるともう三ヶ月になります。
 記事をほぼ毎日更新して分かったのは、やはり自分が書くことが大好きだったのだという事実。かなりの時間、キーボードを打つようになったのですが、全然苦にならないんです。確かに年齢が年齢なので目がかすむ、腰が痛くなるなどの、マイナスのこともありますが、やはり文章を書ける。しかも、自分が書きたいことが書きたいようにかけるというのは本当に私にとって喜びです。社会派ブロガーchikirinさんが「blogは自分にとってのおもちゃ箱のようなもの」と書かれてますが、まさしくそうだと思います。
 まだGoogleAdSenseは審査を通ってblogに貼り付けたばかり。もしもアフィリエイトも審査が通ってやっと貼り付けるようになったばかりで、一円も収益はありません。
 けど、この先も一円にもならなくても私はこのblogを放置することはないと思います。50年になろうとする人生でやっとみつけた自分の居場所のような気がします。
 ではここまでの進歩を少しだけ。

1・Google AdSenseの審査はあっさり通過

 いろんな本や記事で、

「GoogleAdSenseの審査は厳しくなっている。落ちる場合がある」

と書かれてましたが、私は一月間更新し続けて、月が明けて申請して10日後くらいにあっさり許可が下りてました。自分でもなぜ審査が通ったのかわかりません。ただ自分が好きな本や映画の話をひたすら書いていただけです。
 自分でもよくわからないけど、

とにかく文章の量が大事。500字以上20000字以上の記事を書いて毎日更新する。

 ようするにAdSenseの審査を通すためにとりあえず書いとくでは通りにくいのかも知れません。blogのための記事が大事。審査ありきではなくblogありきで書くことでしょうか。

2・テーマを有料のストークに変えてみた

当初、stinger3を使っていたのですが、勇気を出して有料テーマを購入してみました。何日か迷いました。そして、ストーク愛用者のブロガーさんたちが推奨するプラグインを入れてみました。
 すると、前に書いた記事も勝手に見栄えのいいようになってました。
これが、プロブロガー・ヨスさんが言っていた

「blogを書くことに専念して欲しい」

と言うことを実感しました。
 本当に、しばらく使っているうちにblogの記事の内容だけに集中できて、いらない作業(カスタマイズのために情報を検索したり、実践して試行錯誤している)空回り時間が短縮できました。
 まだ使い始めて何日も経ってませんが、未だに前のままだったら、どうなっていただろうと思うとゾッとします。

ま、いっかけん
ストークにしてよかった

3・わからなかったら無数の先輩のブログが情報をシェアしてくれている。

 今回実践して分かったことは「ブログ」を教えてくれる本はざっくりと、全体像がわかるようなことしか書いてないということ。紙面の都合もありましょう。様々な使うサービスを様々な環境で使うのをいちいち解説してたらキリがありません。もし、完璧に解説できても、すぐにバージョンアップされるのでこれもキリがありません。
 普段の私だったら、本を前にパニくってたかもしれません。なにせマニュアル世代なもので、指南本がなければ何も出来ないタチでして……
アラフィフでも所詮こんな程度です。
 でも、今回は立ち往生しなくてすみました。どんなケースの困り事でも、必ず先輩がいて、その先輩が後輩たちに、解決方法を懇切丁寧に書いてくれているのです。
 考えてみると、こんなジャンルはなかなか無いかも知れませんね。ブログ運営の悩み事をブログで解決なんて。ホントありがたいです。

まだまだやっとスタートラインに立てたばかり。楽しんで書いていきます。ありがとう。

とりあえず記事を上げることを優先。カスタマイズは休日の時間がまとめて。
分からないことは時間切れになったら、ひとまず保留。ちょっと時間を置いてやれば、案外あっさりと解決するみたい。これも先輩がたくさん情報を上げてくれているおかげ。これもネット上のものだからでしょうか。
 リアルの仕事や趣味・勉強だったらなかなかこうはいかないと思います。




スポンサードリンク




スポンサードリンク