人はなぜブログを継続できないのか 

ブログを始めて3か月が過ぎました。
ブログはまず3か月続けなさい。
話はそれからです。
というのがブログ界の定説だそうです。

ブログの存在を検索エンジンが認識してくれるのが3か月を経過した頃だというのと、
ブログを書くという習慣を定着させるためなのだとか。
 ほとんどの本やブログがそう書いてます。

で、3か月経過したんですけど……。
今のところなんの変化もありません。

ま、最初の頃は絶対に読んでいるのは自分だけ、っていう状態よりはましなんでしょうけど。
 ほとんどの人がここでブログを書くのがイヤになってしまうらしいです。
 ま、やめるのも当然だと思います。

例えば、ダイエットに置き換えてみます。
3か月一生懸命あるダイエット方法を試します。
が、3か月は全く成果がありません。
体重見た目体脂肪全く変化なし。
いや、むしろ増えてる。
結果が出るのはこれから。
我慢強い人だったら続くかもしれません。
3か月を過ぎてもなんの変化もなし。

これでこのダイエットは効果があると信じられますか。

ま、無理でしょうね。

実証できる証拠がなにもなかったら。
そのダイエット法をやって、実際に成果が出た人を現実に見知っていれば別でしょうが。
 ダイエットにしろ、他の習慣にしろ私も成果がすぐに実感できるものしか結局続いていない気がします。
 
 じゃ、たいした成果の出ていないブログをなぜ続けられているのか?

 私の場合、書くことがすでに習慣以上、クセになっていたんですね。
 考えたこととか読んだ本見た映画のあらすじ感想を
とにかく手書きなりPOMERAに誰に読ませるわけでもなしにメモするのが身についていたんです。
 でも、人に読ませるつもりで書いたものじゃないんで、
以前のメモはほとんどこのブログには使えませんでしたけど。
 
 上手下手はともかく書くことだけは、習慣になっていたんです。
 マイナスなことでも、無駄なことでも人前には言えないどす黒い
感情とかも書き出すことで、自分の頭の中のもやもやを吐き出す感じです。
 書き出すと多少頭や心がすっきりした気になります。
 あくまで気になる程度ですけど……

 だから私にとってブログは書く習慣が、
ブログに置き換わっただけで、
全く苦痛じゃないんですね。
 むしろ楽しみ。
 書かないと、やってられないというか。
 3か月でこんな風になりました。

 ところが、やはり書くことが習慣じゃなっかった人にとっては、
まず書くことが難しい。
 しかも人に読ませるための文章を書かなければならない。
 ネタを探さなければならない。
 大変だと思います。

 しかも成果を目的にしてると、
成果が出ない場合、
へこみます。
やる気が無くなります。
 読者を増やしたいのに誰も読んでくれない。
 小遣い稼ぎのためにやったのに稼げない。
 こんなの無駄だ。
 バイトした方が早いわ。
 残業した方がいいわ。

 ね。

ここでよく分かるのは、
ブログをただやめたのではなく、
ブログのかわりに他のことをやっただけ。
ブログをやめてバイト・残業。
ダイエットをやめて、食べる。
ジョギングをやめて、テレビ見る。

1日は24時間しかない。

 何かを始めるときはなにか今までの習慣をやめないといけません。
 今までの習慣と新しい習慣とを交換して、見合った成果が出るかどうかで、
継続できるかどうかが決まるのではないでしょうか?
 
 だからブログが継続できなかったからと言って、
 別に大したことじゃないと思います。
ブログが続かなかったかわりに、
他のことをやっているのだから。
他のことがブログより価値があったのだから。
 ダイエットやジョギングでも同じ。
 他の自分にとって価値があることに時間を使っているんですよ。
 だから継続できなくても大丈夫。
 ブログが続かなくても、
「ま、いっか」
 でいきましょう!
 
私の知っているマラソンをしている方でも、
別に成果を求めて走ってるワケじゃなくて。
走るのが快感。
走らないとやってられない。
って、人がさらにその上に記録を求めて、大きな大会に参加されています。
 だから、どんなこともやってることが苦にならない。
 むしろ快楽な人じゃないと続かないんですね。
 ジョギングを始めたけど、あちこち故障ばかりで苦痛。
 で、自転車に切り替えたら、足腰の負担がなくてそっちが趣味に――
なんて、人もいました。

 だから、続かないのは何か違うことに挑戦した方がいいサインなのかもね。
 と、いいながら、ブログと店で運動不足。
なんか身体動かないとなあと思う今日この頃でした。




スポンサードリンク




スポンサードリンク