ミクロイドS 第2巻 手塚学のすすめ

解説 ケボ川
さあ、みなさんまたお会いしました

 

さあみなさん。
またお会いしましたね。
 
今回はミクロイド S の 第2巻 ご案内しますよ。
 
さて今回はついにギドロンの 人類に対する攻撃が いよいよ本格化 しますよ。
 
蚊のような小さい小さい虫が、 大群になって人間に襲いかかる と、
 
あっという間に人間がミイラになっちゃうんですね。
 
画像ゾンビよりもゴジラよりも怖いかもわからんなあ
 
さてそんな中で、ミクロイド S の唯一の仲間マナブにガールフレンドができるんですね。
 
名前は ミチコ。
 
ショートヘアとミニスカートが似合う可愛い子ちゃん。
 
しかもお母さんみたいマナブに世話を焼きますよ。
 
でもねほんとはね、 ミチコは ギドロンの一味マイマイに操られているんですね。
 
マナブとミクロイド S の仲を引き裂こうと、 企んでいるんですね。
 
さらに ヤンマのお兄さん、ジガーは ミクロイド S に恨みを持って 攻撃を仕掛けてきます。
 
ヤンマは弟。
 
アゲハは元恋人。
 
可愛さ余って憎さ百倍 というところでしょうか?
 
肉親同士の2組合も怖いもんですね。
 
少年漫画ですが、 描かれている内容は、 結構シビアなものがあります。
 
これが手塚漫画、 手塚タッチですね。
 
じゃあじっくりご覧になってくださいね。
 
またお会いしましょう。
 
 
 
 
解説 ケボ川
サヨナラ サヨナラ サヨナラ




スポンサードリンク




スポンサードリンク