アマゾンprimeでNHKのドラマも見れれるよになったよ記念大河ドラマ「功名が辻」の魅力

ま、いっかけん
FIRE TV STICK を購入してテレビの大画面でもアマゾンprimeが楽しめて快適です。画像も普通のテレビと遜色なくインターネットやユーチューブも見られて言うことなしです

いつの間にかアマゾンprimeでNHKの朝ドラや大河ドラマが楽しめるようになってました。早速、見逃していた「功名が辻」を楽しんでいます。

大河ドラマ「功名が辻」とは……

2006年に放送された司馬遼太郎さんの原作で大石静さんが脚本担当だったドラマです。戦前から良妻賢母の鏡と歌われた山内一豊の妻の物語です。「おんな太閤記」「利家とまつ」などの1連の、戦国乱世で夫の出世を支える妻像を描きました。

仲間由紀恵が美しい 長澤まさみが惑わす

主演の千代を演じる仲間さんの真っ直ぐな性格と真っ直ぐ?な健全な美しさが際立ちます。愚直・堅実一辺倒の猪突猛進型の上川隆也さんを、知恵と勇気で支えます。得てして良妻はかしこすぎて鼻につくのが嫌味になったりしますが、仲間さんの千代は天然ボケや感情が外に出過ぎて泣き出したり、可愛げがあるように描かれていました。

一方、一豊を色香で翻弄する長澤まさみさん演じるくノ一・こりんは、若いのに一豊を振り回す振り回す。美女2人に惚れられる一豊羨ましー!

天下人の狂気を真正面から描いた

人気のキャラクターでもある織田信長や豊臣秀吉。若い時はともかく天下を掌握した後は、人間ともおもえぬ残虐行為を躊躇なく繰り返しています。えてして人気俳優さんが演じるとその狂気じみた部分をうすめて描きがちですが、今回は天下人の狂気もきっちり描ききりました。信長・舘ひろしさん秀吉・柄本明さん毒の部分もちゃんと出してました。納得です。

また、信長をうつ明智光秀を演じたのは坂東三津五郎さん。戦乱を生きるにはあまりにも真面目まともすぎた性格。繊細な内面を表現していました。坂東三津五郎さん、返す返すもその早逝が惜しまれます。

信長の妻・お濃と若い頃恋人だったという設定。近年の大河ドラマの中ではとりわけ光秀の描かれ方が比重がもっとも大きいと思いました。明智光秀が主役の2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の先駆けですね。

お命の持ち帰りこそが高名の種

全編に渡って千代が繰り返すのがこの言葉です。父母を戦争で失い、戦場を着の身着のまま逃げていた千代には平和への強い願いがありました。一豊も一国一城の主となる夢を持ちながら、戦闘のたびに人を殺さないといけないジレンマに苦しみます。

2人の理想は青臭いと言えば青臭いのですが、天下をとるためには手段を選ばない信長・秀吉との対比となって際立ちます。戦国の時代にもなによりも平和・人命を尊重した人がいた。いたからこそ、戦国乱世を終わらせることができた。そう信じたいですね。

津川雅彦さん、菅井きんさんも出演

2018年に亡くなった津川雅彦さんや菅井きんさんも出演していました。

津川さんは大河ドラマの常連で数々の歴史上の人物を演じました。「葵徳川三代」では徳川家康を演じました。「功名が辻」では武田鉄矢さん、佐久間良子さん、かって主役級のポジションだった俳優さんがサポート役に徹しています。今回は脇役に回って千代のおじ役。一豊が名をはせるための金10枚を受けわたす役割でした。

菅井きんさんは秀吉の母なか役。本当に普通の田舎の百姓のおばさん。実際もこんなかんじだったのかなあ。リアルでした。

まとめ

スキマ時間に見られたので全話視聴あっという間でした。千代と一豊と一緒に戦国時代を生き抜いた気になってしまいました。

\アマゾンprime ビデオ無料体験30日間中に全話視聴してください!/




スポンサードリンク




スポンサードリンク