マグマ大使 朝ドラ「半分、青い」に登場!

「手塚学のすすめ」は今回は号外!

現在お届けしているマグマ大使が2018年4月2日から

放送開始のNHK連続テレビ小説「半分、青い」にドラマの

重要な鍵を握るドラマとして「マグマ大使」が登場します。

少年まもる君が特殊な笛を吹くと、ロケット人間マグマ大使がやってくる。

1回吹くと、マグマ大使の息子ガムが

2回吹くと、マグマ大使の奥さんモルが

3回吹くと、マグマ大使が

やってくる設定でした。

ピンチになったら、笛を吹くと

いつでもどこでも助けてくれる頼れる奴マグマ大使。

戦闘版ドラえもんですね。

ついつい、マグマ大使に頼ってしまいそうです。

さてさて、「半分、青い」ではマグマ大使はどんな扱われ方をするのか――

詳しいことはドラマの内容を見ないと分かりませんが、

永野芽郁さん演じる主人公鈴愛(すずめ)と

佐藤健さん演じる長馴染みの律の絆を深めるのが笛で、

鈴愛が笛を鳴らすといつも律がかけつけるようです。

ですが、鈴愛と律、1971年に生まれび設定なんですね。

ですがマグマ大使が放送されたのは1966年から1967年の間。

二人が生まれてないのにどうしてマグマ大使が思いでのヒーロー? 

再放送を見たのでしょうか?

ちょっと疑問は残りますが、

北川悦吏子さんの脚本上手にドラマに絡めてくるんだろうなあ。

乞うご期待!




スポンサードリンク




スポンサードリンク