直虎の株がまた上がった 瀬名姫の死に涙が止まらない

またまた直虎がやってくれました。
小野政次・高橋一生の処刑の回に続く神回ですな。

大河ドラマ。織田・豊臣・徳川が出てくる安土桃山時代でも、この築山御前と家康長男・松平信康の死は取り上げたりなかったりですが、とかく徳川家の足をひっぱるような描かれ方をする築山殿が、今回瀬名姫として、自らの命を犠牲にして、罪を一身に被って我が子を守ろうとした
母として描かれていた。最初、悪女役でブレイクした菜々緒さんがキャスティングされて、ガチガチの悪女で行くのか? と予想していましたが。
まさかの逆転。菜々緒さんの演技の幅の広さに恐れ入りました。
これを勝手に「樅の木は残った」締めと名付けたよ。

 ラスト妻と息子をみすみす見殺しにしてしまった自らの無力さを嘆く家康を励ます万千代。号泣した。天下人もいろんなつらい思い悔しい思いしてきたんだな。自分も頑張ろうと思いました。
 もうすぐラスト。歴史上、わかりきったことなんだろうけど、どう描かれるか最後まで目が離せません。




スポンサードリンク




スポンサードリンク