「雨に濡れても」困る「雨に唄えば」が楽しめない

 

飲食業を開業して始めて、客出入りがものすごく天候に左右するものだと思い知った。
 特にうちは、ログハウスなので雨風に左右されるようだ。
今まで、業者として何十年も飲食店に出入りしながら、経験しないと分からない。
 若い頃大好きだった 「明日に向かって撃て!」の挿入歌バート・バカラック「雨に濡れても」を聴くと、なんか映画のシーンを思い出してうきうきとしてきたもんだが。雨に濡れると言葉が浮かんでくるだけで、憂鬱な気分を運んでくる。内の店の見てくれは、西部劇に出てきそうな雰囲気なんだが……
「雨に唄えば」も、雨が降ってくるだけで、昔は頭の中でサントラが流れて、楽しい気分のスイッチが入ったもんだ。
 だが、今は
「ああ、売り上げが下がる……」
 よくないね。
 ああ、大人って、大人って、
「つら~いもんだよ」




スポンサードリンク




スポンサードリンク

コメントを残す