偉いぞ直虎

 

直虎はおもしろい。私から見て歴代大河ドラマの中でも特におもしろいと思う。

今川から監視されながら、井伊谷という小さな集落で、どう領地を経営していくかが前半の展開だったが、いつも八方ふさがりの状況に陥りながら、周囲の助けと一休さんのように禅で培った知恵とひらめきで窮地を抱かしていく直虎。城主としては納めている領地は歴代大河主人公の中で最小かも知れない。だが最小なのを逆手にとって、百姓と領主との関係をここまで丁寧に描いたドラマはこれまでなかった。しかも、昨年の「真田丸」でも描かれた、一番ポピュラー信長から家康の時代をきっちり並行して描きつつ、直虎・柴崎コウと小野政次・高橋一生の言葉には出さない心のやりとりも切なかった。

直虎が大河ドラマになる――と聞いた時、「実在した女城主」格好の題材だと思いながらも、一年通して尼さん姿で登場するのかと想像して、

「これは、ものすごく地味なドラマになるかも……」

と考えた自分が恥ずかしい。すみませんでした。

直虎が城主から降りて、成長した直政が再登場して、徳川家仕官、井伊家再興の方にベクトルが移った。

ここでまた、直政が家康の色小姓に――という今まで歴史ドラマではタブーだった。男色がさかんだった。いや、今でも盛んだろうけど、男色を隠し事なく、いやむしろ誇り高い文化として根付いていた戦国時代、江戸時代を他ならぬNHKで描くとは、すごい快挙です。よくぞやった。

これは排撃されたフジテレビのホモオダホモオの件とは真逆の賞賛すべき挑戦だと思う。

脚本の森下さん。ひょっとして腐女子?朝ドラ「ごちそうさん」でも姉の目を通して甲子園球児たちボーイズラブの妄想やってたもんな。って、その甲子園球児が現在直政役の菅田将暉君じゃないか。狙ってますね。

そう言えば、「ごちそうさんの」芽衣子もヒロインとしては、珍しくただただずっと家族ために食事を作り続けた市井の人だった。戦中戦後を生きた名もなき女性の代表だ。直虎も激しい戦国時代を一族のために生きた名もなき女性の代表だ。

今後の展開が楽しみなドラマの一つだ。

 




スポンサードリンク




スポンサードリンク

コメントを残す