笑われる勇気 蛭子能収

 

嫌われる勇気」のパロディっぽいタイトルですが、

小難しくてちょっと実践しづらいアドラーよりよっぽどいいと思います。

下手な心理学より蛭子です。

最近、よく出版される蛭子さんの本はだいたい内容は同じです。

「ひとりぼっちを笑うな」を読んどけば大丈夫。

けど、ついつい買ってしまう。

そんな人がいるから出版社もほっとかない。

何匹でもドジョウが出てきます。

実を言うと、前の本と内容が被ってたらイヤなので、立ち読みだけですまそうと目論んでいたんですが、

肝心の本がみつからず、店員さんに探してもらって、

「立ち読みだけです」

なんて言えるわけもなく――

仕方なく買った次第です。ごめんなさい。

本人は正直に自分の生き様を語っているだけなんだろうけど。

それを他人の目を異様に気にしてしまう世の中では、蛭子さんの自由さがうらやましくなります。

人生相談の答えはだいたい

「答えになってないよ!」

と突っ込みたくなるほど、身も蓋もないのですが。

解答を読んでるうちに、悩んでいるのが馬鹿馬鹿しくなります。

お坊さんや偉い学者の問題解決法だと、世の中を高い次元で、高いところから俯瞰して眺めてる感じ。

他人事だと、俯瞰できるかもしれないけど、当事者だともつれにもつれた糸をほぐすのは至難の業です。

その点、蛭子さんのは真逆というか。逆に蛭子さんの価値観の方が、一段低いというか、動物の生理的本能に近い感覚で物事をとらえてる気がします。

簡単に言うと、「生まれたまんま」って感じですか。

漁師の息子なのに、魚が嫌い。

だいたい子供の頃は魚が苦手ですよね。

成長するにつれ、だんだん馴らされて、ある日ふと魚がおいしくなってる。これ実は親や社会からの洗脳かもしれない。

魚っておいしいんだって、言われ続けて、イヤイヤ食べてるうちに――なんとなく好きになっていく。

のが、大勢なんだけど、子供の頃の感性のまんまなんでしょうな。

蛭子さんをお手本にして、ちょっと世間の目を離れて自分の心のままに動いてみたら、小さな悩みなんか消えてしまうかも。

そうそう、最後の最後に蛭子さんが大事にしている言葉が出てました。

「まあいいか」

私にとって大事な言葉でした。この本買ってよかった。「嫌われる勇気」のパロディっぽいタイトルですが、

小難しくてちょっと実践しづらいアドラーよりよっぽどいいと思います。

下手な心理学より蛭子です。

最近、よく出版される蛭子さんの本はだいたい内容は同じです。

「ひとりぼっちを笑うな」を読んどけば大丈夫。

けど、ついつい買ってしまう。

そんな人がいるから出版社もほっとかない。

何匹でもドジョウが出てきます。

実を言うと、前の本と内容が被ってたらイヤなので、立ち読みだけですまそうと目論んでいたんですが、

肝心の本がみつからず、店員さんに探してもらって、

「立ち読みだけです」

なんて言えるわけもなく――

仕方なく買った次第です。ごめんなさい。

本人は正直に自分の生き様を語っているだけなんだろうけど。

それを他人の目を異様に気にしてしまう世の中では、蛭子さんの自由さがうらやましくなります。

人生相談の答えはだいたい

「答えになってないよ!」

と突っ込みたくなるほど、身も蓋もないのですが。

解答を読んでるうちに、悩んでいるのが馬鹿馬鹿しくなります。

お坊さんや偉い学者の問題解決法だと、世の中を高い次元で、高いところから俯瞰して眺めてる感じ。

他人事だと、俯瞰できるかもしれないけど、当事者だともつれにもつれた糸をほぐすのは至難の業です。

その点、蛭子さんのは真逆というか。逆に蛭子さんの価値観の方が、一段低いというか、動物の生理的本能に近い感覚で物事をとらえてる気がします。

簡単に言うと、「生まれたまんま」って感じですか。

漁師の息子なのに、魚が嫌い。

だいたい子供の頃は魚が苦手ですよね。

成長するにつれ、だんだん馴らされて、ある日ふと魚がおいしくなってる。これ実は親や社会からの洗脳かもしれない。

魚っておいしいんだって、言われ続けて、イヤイヤ食べてるうちに――なんとなく好きになっていく。

のが、大勢なんだけど、子供の頃の感性のまんまなんでしょうな。

蛭子さんをお手本にして、ちょっと世間の目を離れて自分の心のままに動いてみたら、小さな悩みなんか消えてしまうかも。

そうそう、最後の最後に蛭子さんが大事にしている言葉が出てました。

「まあいいか」

私にとって大事な言葉でした。この本買ってよかった。




スポンサードリンク




スポンサードリンク

コメントを残す