ブラック奨学金

私は高卒で、勉強に関しては父母は無関心だったので、
「もし親が金を出してくれて、進学してたら人生が変わっていただろうか」
 なんて、
今更後悔してもどうにもならないことを未だに悔やんます。
くわえ、親の自営業を継いだために事業が衰退にするのに喘いで、やむなく独立しました。
 けして、自ら進んで独立したわけじゃないのです。
「自分のような苦労はさせたくない」
 だから、子供達には進学して、企業に入社して安定した生活を――
と望んで、子供にもそれを言い聞かせてました。
 低学歴な親なら誰でもそう思うんじゃないでしょうか。

「学歴さえあれば、いい企業に入りさえすれば――」

まるで信仰のようなもので、逆にその親から受けた刷り込みで子供を窮地に陥らせる要因になっているのでは? と感じました。
 たしかに、名の知れた会社に入ったら一生安楽に暮らしていける――時代もあったのかも知れません。でも、それは遠い過去のようです。 今の若者を取り巻く環境は思った以上に苛酷でした。
 大学に通いながら、家賃が払えずホームレスになって警備員の眼をかいくぐって校舎に寝泊まりする学生。
 奨学金を自分の生活費にまわして滞納し、我が子に返済を押しつける親。
 次々と出てくるブラック奨学金の事例は、ホントに日本で起きてることなのかピンときません。みじかに奨学金を利用している人が大勢いるにも関わらずです。
 景気のいい時代に育って、比較的金の苦労をせずに生きてきた世代だからでしょう。

 これから進学していく子供にしても、学費を出す親にしても、

「無理をしない」ことかなと思います。

 無理をすればツケが未来に回ってきます。子も親も不幸になります。

私の父は現金主義で、絶対に借金をしない人でした。

 無一文から財を成した人なので、借金のこわさをよく知っていたのでしょう。貧乏のこわさ・みじめさを幼い頃から身に染みて味わってきたのです・
 財布に一円も無くても、謝金をしなければ財産は0円です。
 0円でも、働けばたとえ少なくてもお金は増えます。
 借金をすれば、生活費の上に借金と利息の返済がのしかかってきます。
 無理をしたら将来リターンが返ってくる。それがうまくいく時代は幸せな時代でした。これからはそうもいかないようです。
 できるだけ借金しないで無理の無い範囲で学費を出す。無理だったら進学をあきらめたり、シフトダウンする。

 いつの時代にも身の丈に合った生き方が大事だと思いました。




スポンサードリンク




スポンサードリンク

コメントを残す