足首が痛い! 原因は? とある療法を試したら、痛みがひいた!

ま、いっかけん ま、いっかけんです。

朝起きたら、右足首に痛みが……立つと痛い、歩くとなおさら痛い、階段の上りおりもっとつらい!

だが、昨日、一昨日、足を痛めた覚えは全然ないぞ? 

ひょっとして原因は痛風? 

親父も私の年代から痛風を発症していたから、ありえないことじゃない。

しかし、親父ほど酒飲みじゃないし、それほど飲めないからプリン体も貯まるわけない。第一、痛風と言えば風が吹くだけで痛いと言うけど、痛いのは立ったり歩いたりした時だけ……

だったら、もっと違う病気? 

妄想が膨らみつつ、整形外科へ、そしてその症状は…

扁平足が硬い人がなりやすい足底腱膜炎

先生が私の足首を触るなり

「あんた固えなあ足首。それに足が扁平じゃな」

足底腱膜炎って何?

足の形の異常や、走りすぎることによって足の裏の腱膜が痛む病気です。

そう言えば、中年ほど前にスロージョギングにハマっていた頃、足首が痛んだ時もそう診断されました。すっかり忘れていました。

治療法

靴の中敷きを工夫しましょう

足底腱膜のストレッチをしましょう

病院では湿布をまらっただけ、治るまでじっと待つばかり…

キンドル本でレイキを実際にやってみた!

痛みがひくまで無理は禁物。動けないのでゴロゴロするしかありません。 

ゴロゴロしている間についつい手が出てしまうKindle paperwhite 私の相棒です。

その時、たまたま読んでいたのが、

レイキが40ページでわかる本: 誰にも出来るホームセラピー Kindle版

レイキヒーリングの本を読んだのは始めてです。
散々、健康法の本を読んどいて、他人を癒やすことには、関心なかったんですね。

レイキの名前だけ知ってたけど、具体的には何も知りませんでした。

手かざし療法の一種だと思ってました。

レイキの原則

レイキのやり方はいたって簡単。痛いところに手をあてる。

はい、それだけ。本当にそれだけなんです。

「本当かいな」

半ば半信半疑で、私は自分の痛む足首に両手を当ててみました。

時間はたっぷりあったので30分は当てていたでしょうか。

手を離して、足首を確認してみたら、あら不思議?

痛みが驚くほど、引いてたんです。

「アンビリバボー!」

自分の手のひらを当てていただけで、こんなにすばやく痛みがとれるなんて奇跡?

感激してしまいました。

「もしかして、俺の手には神のようなヒーリング能力が宿っている?」

と思ったのは勘違いでした。

レイキは特殊な特別なものではなくて、人間がもともともっている生命エネルギー

人間だけでなくて、動物、昆虫、植物あらゆる生き物に共通する自然なエネルギーなんだとか。

リラックスしてたら、勝手に出てくるんだって。出すものではなくて無意識に出てるんです。

なぬ? 努力するのが一番よくないだって?

逆にレイキを出そうと気負ったり、治してやろうと思って力んでしまったら

よけいにレイキは出てくれなんだそうです。

逆に何も考えずにボーッとしたまま痛いところに触れてた方がいいらしいです。

気功とか他の療法のように、イメージングしたり儀式をしたりするのも逆効果。

集中するのも逆にリキむ原因になるそうです。

あくまでもボーッとして方がいいんだって。

なんて自分にピッタリなんだろう。ボーっとする天才じゃないか!

「レイキヒーリング」運命の出会いかもしれません。

興味津々になりました。




スポンサードリンク




スポンサードリンク