やくざの墓場 くちなしの花

深作監督・渡主演と言えば前作「仁義の墓場」

 破滅的というよりも破壊的、おのれ自身もおのれの組織もおのれの愛する人も、全部巻き込んで破壊する。狂犬みたいな男の生き様を渡哲也が演じた。日活出身で、東映映画のパターンに何も染まっていないところが、逆に効果的だった。
 高倉健、菅原文太のような既存の東映任路線のスターでは、観客が拒否反応を起こしていただろう。敵の横暴に耐えに耐えて、ラストでようやく正義の牙をむく健さんが、麻薬に溺れたり、恋人を自殺に追い込む姿は見たくない。

白黒岩と黒黒岩

 さて、コンビ第2作の本作。タイトルどおりやくざが主役と思いきや、主人公は刑事だった。しかも驚くべきことに名前が「黒岩」
それは渡が同年に演じた石原プロ製作のドラマ「大都会闘いの日々」の主人公の刑事と同じ名前だった。偶然かあてつけか。
 「大都会――」の方は、メインライターが倉本聰だけあって、刑事ドラマというより人間ドラマ。ジャケットの写真にもあるように、西部警察大門につながる角刈りにスーツのスタイルではない。僕らが思う黒岩にまだなっていないのだ。音楽もアクションっぽくないし。
 刑事ドラマには珍しく捜査一係ではなく、暴力団対応の四係だった。そして、刑事ドラマと並行して署内に詰めている新聞記者たちも描いていた。
 派手なガンアクションやカーチェイスもなく、ラストは権力の圧力で、肝心の大きな悪は取り逃してしまう。しかも、最愛の妹も恋人も暴力団にレイプされるという暗い過去がある。黒岩の無力感がつのる。大人のドラマとしてはクオリティーが高いが、刑事ドラマとして見るとスカッとしない。苦みばかり残るドラマ。
 視聴者が見たいドラマと作り手が作りたいドラマずれがあったみたいで、そうなると視聴率はぱっとしなかった。
 途中でてこ入れが行われたのだろうか、番組途中で突如、異変が起きる。渡が角刈りになったのだ。おそらく、今作「やくざの墓場」と同時並行に撮影されていたのではないだろうか。
 そして、角刈りになった頃からアクション場面が多くなる。真昼のアパートに強盗が人質をとって立てこもる。黒岩刑事は拳銃を持って犯人が立てこもる部屋に乗り込む。
 これだ! これが視聴者が見たかったドラマなんだ。くしくも倉本脚本の回で、番組の内容が180度転換する。
 それ以降、大都会パートⅡ、パートⅢ、西部警察とテレビドラマ史上類を見ないど派手アクション路線に展開していく。
 が、「やくざの墓場」の黒岩と「大都会」の黒岩では似てもにつかない。「やくざ――」の黒岩は暴力団と接近して、かための杯をかわして、兄弟分になり、やくざ勢力地図を塗り替えようと企む。だが、既存の組織と警察上層部の方が悪どいのは一枚上手だった。罠にはまって、兄弟分のやくざは殺される。黒岩は自らの命を顧みず、単身悪の拠点警察本部に乗り込むのだった。
 「仁義の墓場」とはひと味違うが、警察にもやくざにも睨まれる行き場のない存在であるのは同じ。そうなると、行き着く場所は破滅しかない。黒岩は毒という毒を全部墓場に埋めて、翌年の「大都会パートⅡ」では、けんかっ早いが正義感あふれるヒーローとして生まれ変わる。
 権力にひるむことなく、悪に向かって拳銃をぶち放つようになったのだ。レイプされた妹のキャラもガラっと替わり、暗い過去担当ではなく、時間を追う間の束の間の癒やしをもたらすキャラになった。
 なんか、ゴジラやガメラが社会に害をなす怪獣だったのに、正義の存在になったり。勝新太郎扮する悪の権化・薮原検校が庶民のヒーロー座頭市になったり。植木等扮する、努力なしで他人のふんどしでどんどん出世する無責任男から、がむしゃらに挑戦する日本一の男になったプロセスに似てる気がする。
 強烈なキャラは一世を風靡するには毒を持っていていいが、シリーズかより大衆化しようとすると、毒を抜かないと、きつくて食べられない。 カレーが辛すぎると食べられないように。

渡哲也主演「仁義の墓場」「やくざの墓場」「大都会闘いの日々」はこちらでレンタルしました。




スポンサードリンク




スポンサードリンク