「ASKTRADERS(アスクトレーダーズ)」は投資のはじめの一歩の力強い味方

ま、いっかけん
ま、いっかけん
投資研究研究家のま、いっかけんです。 資産形成や、投資に関する本は散々読み漁って来たのに、未だに自ら投資を始められません。 いざやろうと思っても、まず損することが怖いという気持ちが先立ちます。


「ASKTRADERS(アスクトレーダーズ)」は投資を始める人の不安が解消できる要素が散りばめれています。

投資という航海を支える心強い羅針盤になってくれます。

PR:本記事は「ASKTRADERS(アスクトレーダーズ)」とのタイアップ記事です。

投資をする前の3つの不安

どの投資が自分に合っているか分からない

いろんな投資方法がありますが、個別に本やネットで情報を調べても、本当に自分に合った手法なのか迷ってしまいます。

一重に私の投資リテラシーが低いだけなんですが、情報が多すぎて何が最適なのか分からなくなります。

例えばFXに関して調べている時はFXがベストのように思えてしまうし、仮想通貨を調べている時は仮想通貨がいいように思えてしまいます。

どのブローカーが自分に合っているか分からない

迷いながらも投資手法は決まった。 次は、ブローカー選びです。

しかし、そのそもそも何が自分に合っているのか分からないのにブローカーも選びようがない!

個別にブローカーのサイトを見ても、結局判別できません。

本当に役に立つ情報が入って来ない

投資ではありませんが、転職・起業など、何度が人生の転機にあるチャレンジをして、失敗してきました。

今振り返ると、情報不足が大きな原因だったと自覚しています。

でも、情報を取捨選択する時に、自分の都合のいい情報ばかりを信じて、マイナスやネガティブな要素がある情報は見て見ぬふりをしていました。

割と勉強熱心で、情報は積極的にとりにいくタイプです。

そして、果敢に挑戦して、見事に失敗! 実際に行動してみると、見て見ぬふりをしていたネガティブな自体が情報以上に発生してしまい、手痛い失敗をしました。

Jリーグのチェアマンの村井満さんは、コロナが中国で蔓延している状態で、世界中に蔓延することを予見して、いち早くコロナ対策をしたことで一躍その力量が評価されました。

仕事を回すサイクルでPDCA(計画、実行、分析、改善)が有名ですが、村井氏はその上にM=ミスを加えています。

計画を実行するに当たって、必ずミスや予想外の事態が発生します。

1つのミスが計画の成功失敗を大きく左右します。

その失敗やトラブルなどの不都合な情報を受け入れる度量があるか、また、不都合な情報も入手できる情報収集力できる能力も必要です。

「ASKTRADERS(アスクトレーダーズ)」のここが凄い!

簡単な質問に答えるだけで最適な投資方法を教えてもらえる!

「ASKTRADERS(アスクトレーダーズ)」の【始まる】の項目をクリックすると、簡単な質問に答えるだけで最適なトレードを案内してくれます。

いろんな投資手法がありすぎて、比較検討している間に一生が終わってしまいそうです。

アスクトレーダーズで、やっと自分に合ったトレードがみつかりそうです。

豊富な情報で自分にあったブローカー選びができる

「ASKTRADERS(アスクトレーダーズ)」ではFX、CFD、仮想通貨などのブローカー取引所を比較しています。

概要だけをまとめた情報の薄い比較記事ではなく、このサイトを読むだけで全ての取引所の詳細な情報を知ることができます。

また加入方法から解約方法まで、微に入り細に入り知りたい情報が掴めます。

信頼できる情報が毎日入手できる

「ASKTRADERS(アスクトレーダーズ)」の最大の魅力が信頼ある情報筋からのレポートです。

経験豊富なトレーダーからの情報がまめに送られてきます。

メールマガジンに登録すれば、毎週月曜日に現役トレーダーからの最新情報が手に入ります。

投資で一番大事なのが、現実と状況に即した情報を入手することです。

アスクトレーダーズの無料情報をこまめにチェックすることで、的確な相場勘が培えられそうです。

投資を始めようと思ったらまずアスクトレーダーズをクリックしよう!

新型コロナが世界中に蔓延して、年金積立金の切り崩しという報道も出ています。

不況の波が本業にも影響してきました。

もう投資をする以外に、資産を守る方法は無いようです。 またに待ったなしの状況で、始める前に「ASKTRADERS(アスクトレーダーズ)」で勉強しましょう。

リスク警告

金融商品取引、特にレバレッジ商品であるCFDなどはご自身の元本に高いリスクをもたらします。

このような取引は全ての方に適したものではない可能性があります。

リスクを十分にご理解ください。

ご自身の資産損失リスクを許容できるかどうかについてよくお考えになって判断をしてください。




スポンサードリンク




スポンサードリンク