本当に稼げるの?M・Eアカデミーの評判を調べてみた!

稼げる動画編集を学べるというM・Eアカデミーって本当に稼げるん?

私も、ライティングスキルが学べる講座を受けて、一応資格もとったんですけど、理論ばかりで実際のライティングには何の役にも立ちませんでした。

結局、安い案件をこなしながらスキルを身に着けていった感じですね。

ということでネットに氾濫する【スキル】【稼げる】【学べる】って、本当にピンきりすぎちゃって、何がいいのか分からないんです。

声を大にしていいたいのは、稼げない学びは何の意味もないどころか、投資する方にしてみればマイナスです。

スキル獲得は稼げるか、どうかが命です。

とういことで、本当にM・Eアカデミーが稼げる動画編集を学べるスクールなのか評判を調べてみました。

これらか稼ぐなら動画編集がおすすめ

私自身はライターなんですけど、ぶっちゃけ今から副業で始めるんだったら動画編集だなあと思っています。

動画編集だと圧倒的に早くたくさん稼げるようになるからです。

なぜなら、ライターはぶっちゃけ単価が安い。

事実、月何100万も稼げるライターさんもいらっしゃいます。

でも、クラウドソーシングサイトのライティング案件は文字単価0.02円とかの案件からスタートします。

私も睡眠時間を削って最初は月1万円も稼げませんでした。

ライティングはやめとけ、その理由

私がライティングをおすすめできない理由はただ1つ。

まあ、稼げないからです。

細かく言うと稼げなくはないんですけど、それには細く曲がりくねった道が待ってます。

たしかにライティングはすぐに始めてすぐお金が入ります。

しかし、実績がない間は報酬はごくわずか、立派に稼げるようになるまでに、辛抱強く継続していかなければいけません。

そこまでになるまでにやめてしまう人がほとんどなんです。

文章を書くのが好き! という人もいざ始めてると文章が嫌いになってしまう……というつらい試練も待っています。

「自分が書いた文章が誉めてもらえるのがうれ
しい!」がモチベーションで始めるとたいがい続かないんですわ。

だって実際は自分が書いた文章を否定されたり、ダメ出しされる方が多いんですから。

とくにはじめたばかりわね。

総合格闘技があるでしょ。

「殴る蹴る、投げる、極める」

あれ違います。

本当は

「殴られる蹴られる投げられる極める」

強くなるために最初にやられるのを我慢しないと、続けられません。

敵に攻撃していいけど、敵は攻撃しちゃダメな武道ってないですよね。

試練を乗り越えられた人だけがライティングを続けられるのです。

副業から本業になった私が言うんだから間違いないです。

プログラミング・ウェブデザインもおすすめできない

プログラミング・ウェブデザインも今からスキルを学ぶのをおすすめできません

確かにスキルを身につければ、稼げるようになります

例えばプログラミングでも、言語を使いこなせるようになるまで相当の時間がかかります。

しかも使いこなせるようにならない限り一銭も稼げません。

ライティングのように、未熟でもいいから、ちょっとでも稼げたと実感することができないんです。

スキルを身につけるまでに相当の根気が必要になります。

下手すれば、この段階で挫折します。

もし習得できても、プログラミングやWebデザインの仕事って、日進月歩なんで、数年経つとやり方が変わってしまうのだそうです。

私ぐらいのプログラマーやWebデザイナーたくさんいるんですけど、変化に柔軟な若い人に仕事とられちゃってますね。

動画編集のメリット1・成果が出るのが早い!

ただ消去法で動画編集をおすすめするわけではありませんよ。

動画編集をおすすめするにはメリットがたくさんあるから。

動画編集のメリットは他のスキルと比べて圧倒的にスキルが習得して、たくさん稼げるようになるスピードが早いことです。

他のスキルだと稼げるようになるまでの時間が長すぎて挫折する可能性が高いです。

動画編集だとパソコンとソフトを用意するだけで、既に他の人より優位に立っているのも同然なんです。

動画編集のメリット・パソコンひとつで好きなところで好きな時間働けるようになる

これは動画編集だけじゃないですが、ネットの仕事はリアルの仕事と比べて自由度が全然違います。

とはいえ、ライティングだと例えば取材、打ち合わせなどで、出張しなければならないことだってあります。

その点、動画編集は動画を編集することに特化した仕事なので自由度が高い仕事と言えるでしょう。

動画編集を身につければ、憧れの自由な生活を実現できます。

動画編集のデメリット・ある程度初期投資が必要

メリットだけを読んで、すぐに行動するのはちょっと待った!

動画編集にはデメリットだってありますからちゃんと

デメリットもちゃんと抑えてくださいね。

動画編集はある程度のスペックがあるパソコンが必要です。

ライティングやプログラミングではテキストベースなので、そこまでハイスペックでなくても使えます。

一方、動画は情報量が多いので、パソコンに一番負荷がかかるのです。

現状、スペックの低いパソコンの場合は、新しいパソコンに買い換える必要があります。

断言 動画編集だったらアラフィフでもネット副業に挫折しない

動画編集は老若男女誰でも挑戦できるスキルだと思います。

私は特に同年代の人に頑張ってもらいたい!

私は現在52歳ですが、同年代で「私は文章を書くのが得意」と言っている人でも、すぐに挫折しちゃう人の方が多いんですね。

というのも、

年齢なりのプライドが邪魔するからです。

アラフィフと言えば、会社の中でそれなりの地位にあり、経験知識を積んである程度、成果実績を上げている人が多いんです。

自分の今までのキャリアにおのずとプライドがあります。

ところがネットの世界ってそんなプライドなんて何の価値もありません。

ネットの文章にはネットの中でのルールがあります。

若いあまり経験のない人だったら、柔軟にそのルールに従えます。

年齢を重ねると、

「俺は今までこのやり方でやってきたんだ。今更違うルールに従えるか!」

なんて、スキル以前に心が新しいやり方に従うのに抵抗をするようになります。

今までに培った経験・知識・技術が全く使えないワケじゃないんですけど、一旦脇に置いといて、依頼主の要求に応えないといけない。

会社の中でそれなりの地位にあったり、評価されてきた人の方が、新しい時代のルール対応できていないことにすら気がついてない場合が多い。

ルールに従う前に折れちゃうアラフィフが実に多いのです。

その点、動画編集のルールは基本的に今も昔も変わっていません

変わっていないルールならば、経験・知識を持っている人が有利。

となると、アラフィフの出番ですよ。

若い時のビデオ編集をした経験が活かせる

その点、動画編集はアラフィフにぴったりだと思います。

ビデオカメラを購入して、ダビング編集をした経験がある人も多いのでは?

基本、動画編集はその要領ですればオッケーです。

パソコンを動かしていた経験が活かせる

今の10代、20代にはパソコンを持っていない、使えない人が多いです。

すでに物心ついた時からタブレットやスマホがあった時代です。

簡単な動画編集ならスマホのアプリで十分ですが、クライアントから依頼される動画編集となれば、やはりパソコンの作業が必須になります。

アラフィフだったらパソコンを扱える人の方が

多いんじゃないでしょうか?

それだけでも若い人より有利に立っているのです!

MS-DOS、Windowsの初期からのパソコンを扱ってきた経験は伊達じゃない!

動画編集に向いている人はこんな人!

動画編集に向いている人を列挙します。

これはあくまで一般的な動画編集の場合です。

M・Eアカデミーの場合パソコンが苦手でもサポートがしっかりしているので心配いりません。

既に趣味で動画編集をしている

You Tubeに投稿したり、自分で作品を作った……

既に動画編集ソフトを使いこなしている人は、後はそれを稼げる副業にしていくだけ。

苦もなく動画編集を副業にできます。

長時間の作業が苦にならない

パソコンでの作業は同じ姿勢で画面を見続ける過酷な作業です。

パソコンの前にずっと座っても平気な人はそれだけで、在宅ワークの才能があります。

You Tubeなど動画SNSなどを見慣れている

動画を編集するのだから、動画を見慣れている方が、既存の作品がどういう編集のされ方をしているのか、テロップの入れ方、効果音の入れ方。

パターンが染み付いています。

見慣れていない人は、まずそこから入らないといけません。

毎日YouTubeや他の動画型SNSを見慣れている人はそれだけで有利に立っています。

よく、女性タレントさんが自分のYou Tubeの動画配信の編集も自分がしていると聞きますが、彼女たちも動画を見慣れているから直感的に動画編集できちゃうんでしょうね。

マニュアルを見なくてもソフト、アプリを自然に使いこなせている

趣味日常的に動画を加工したり、編集していたら、すぐに

コツコツ継続できるひと

副業で成功した人の共通点は、「これをやる!」と決断して、スタートさせ、継続した人です。

「やる!」と宣言しながら、全く行動を起こさない人もいます。

今までやってきたこと新しいことプラスして始めるのには、今まで何かやってきたことを捨てなければいけません。

ゲーム、ネットサーフィン、動画視聴、楽しみを削ってでも副業をする時間を作り出す必要があります。

最初からそれさえもできない人は入り口にも入っていません。

私も時々副業でライティングをやりたいという人から相談を受けます。

相談を受けたからには、一生懸命ノウハウを教えるんですけど、まあ、ほとんどの人が始めないのです。

というのも、人生のお楽しみタイムを犠牲にしてまで副業なんてやりたくないと言うのが多くの人の本音なんじゃないでしょうか?

つまり、学ぼうとしているだけ、学んでいるだけで、何もしない人よりも圧倒的に進んでいるということです。

ま、でも人生の価値観は人それぞれなんでずっと、自分の楽しみの時間を確保したいという方はそれはそれでいいとも思います。

注意! 稼ぐことが大事 動画編集できるだけでは意味がない

動画編集だけじゃないんですけど、ネットスキルを学んでも実際に仕事に活かせないと全く意味がないんです。

そうじゃないと、高い勉強代払ったのに、全然稼げないぞ、金返せ!と言うことになります。

でも、全くのド素人だったら自分じゃどうやって稼いでいいのか皆目分からないですよね。

なので、スクール選びの基準は、動画編集のスキルを詳しく丁寧に教えてくれることも大事ですけど、稼げる方法を丁寧に詳しく教えてくれることが大事なんです。

M・Eアカデミーを動画編集を学ぶと挫折しない理由

と、言うことでM・Eアカデミーだと稼げる動画編集が挫折せずに学べるようです。

その理由を深堀りしていきましょう。

パソコンが苦手でも置いていかれない

通常、どんなネット副業をスタートさせる時でも、パソコンスキルがないと話になりません。

しかし、M・Eアカデミーはパソコンが苦手な人でもおいていかない!

週に1度のzoomでのマン・ツー・マンの指導を受けることができるので、わからないことや困りごとは相談して解決できます。

私はパソコンが苦手な人にはけして、ネット副業をすすめません

なぜならパソコン操作が苦手な人は、パソコンで作業しようとしても最初の段階でつまずいてしまい、膨大な時間を無駄にしてしまうからです。 

でも、M・Eアカデミーで動画編集を学ぶのだったらおすすめできそうです。

動画編集を稼ぐにつなげるが学べる

どんなスキルでも稼ぐことにつなげられなければ意味がありません。

仕事がなければ収益は0円ですし、たとえ仕事があっても営業スキルがなければ安い案件ばかり請け負って、貧乏暇なしの地獄のループに陥ります。

かく言う私がそうでした。

私の場合、3年くらいその状態が続きました。

誰からもノウハウを教えてもらうことなく、ネットや本の情報だけに頼って、ただただがむしゃらにパソコンに向かっていたのです。

率直に言って、他のリアルのアルバイトの方がよっぽど稼げるんじゃね?ってレベルでした。

しかし、先輩であるライターさんとの合宿で、フリーランスとしての営業方法を教えてもらって、ようやくその地獄のループを抜け出しつつあります。

ああ! もっと早く先輩たちに教えてもらっていたら!

と後悔しました。

地獄の3年間の年月を縮められたかもしれないと思いました。

どんな仕事でも同じでしょうけど、Webの仕事は営業が命なんです。

と、最近ようやく分かりました。

稼ぐことまで丁寧に教えてくれるスクールはM・Eアカデミーしかありません。

M・Eアカデミーの悪いところ

どんなものにも長所もあれば短所もあります。

M・Eアカデミーの短所は、ズバリ講座コース内容と料金体系が不明瞭なところです。

公式サイトにも全く載っていなくて、無料LINE講座を受講後、さらにzoom面談の後にようやく分かるシステムになっているようです。

そこが、一部の怪しい……という口コミの原因になっていると思われます。

んー、そこだけ改善してくれたらなあ。

M・Eアカデミーの無料LINE講座は有料級の情報だと評判

M・Eアカデミーの口コミを見てみると、一番多いのは無料LINE講座がすごく役に立った。

有料級だと言う評判が圧倒的でした。

気になる人はLINE講座を受けるのをおすすめします。

何せ無料ですから、これを受けるだけでもかなりためになるかも!

とにかくすごい評判の数なので、覚悟して見てください。

M・Eアカデミーの口コミを集めてみた!

それでは、M・Eアカデミー本コースを実際受講した後の評判はどうなのか受講者の声を拾ってみました。 

 

まとめ とりあえず無料LINE講座受けてみたら?

今回は動画編集スクールM・Eアカデミーの評判について調べてみました。

M・Eアカデミーは

稼げる動画編集を軸にしたスクールで、動画編集のスキルを学びながら、案件の獲得する方法も学べて、しかもスクールから仕事ももらえるといういいところずくめのスクールです。

zoomでのやりとりで、落ちこぼれを出さない手厚いサポートがあるのがうれしいですね。

ひとまずは無料なんでLINE講座に登録することをおすすめします。




スポンサードリンク




スポンサードリンク