腰痛が簡単に消える「Wストレッチ」が毎日続けられていい感じ

ま、いっかけん
腰痛研究研究家のま、いっかけんです。若い頃から腰痛もちで、腰痛歴と、腰痛対策の本を読み漁った数では誰にも負けない自信があります。でも、どれも長続きしなくて治ってないってことは、これが効く!って言う方法に出会ってなかったんでしょうね

腰痛が始まると、朝の寝起きに起き上がるのも腰・背中がガチガチで一苦労。
んー、老化でしょうか?

でも、今の所、このストレッチをしてから腰痛がきれいになくなった気がします。(2019年7月現在)

その名は「W(だぶりゅー)ストレッチ」

表紙を見ての通りのWストレッチを1回やってみただけで、あら不思議、しつこい腰痛が一瞬で消えました。

「たった5秒でスッキリ!」はウソじゃないよ!

 

腰痛持ちが腰痛体操に望む条件

さまざまな腰痛に効く!という本が出されています。
片っ端から読み漁ったなかでこれだけは譲れない条件を列挙してみます。

即効性あり。やっただけで効果あり

効果が出るまでに何週間、いや何ヶ月かけないといけません。根気が大事!

なんて言われても、根気がなくてこの年まで生きてきたので今更どうにもなりません。
続けるのにはこれは効くな! と明らかに1回やっただけで即効がないとやる気が起きないってもんです。
ただわがまま横着で言っているだけでなくて、世の腰痛持ちの気持ちを代表して言っているのです。
いや、ホント。

やればやるほど効果が実感できる

体操の中には、一瞬やった時にはすごい効果があると実感できたのに、
続けているうちに段々効果が薄れていき、いつの間にかやらなくなるというものがたくさんあります。
最初のうちは、新しい動きで今までに使ってなかった部分が刺激されると段々なれくると効かなくなる。
このパターンでも続きませんな。

道具はいらない。いつでもどこでもできる

体操をやるのに特別な道具がいったりすると、続きません。
いつでもどこでも気がついたらやれる位ハードルが低くないと。
ついつい億劫になってしまうのです。

専門家の指導がいらなくて、簡単なコツでできる

この体操をするには専門家の指導が必要です。
というのは大概だめです。
ヨガ・ピラティスなどほとんどのものがそうですね。
一人でできる位になるまでにほとんど挫折してしまいますね。
三日坊主の達人が言ってるんだから間違いない。

以上、つらつらと条件を述べて来ましたが「Wストレッチ」はこの条件を全てかね揃えているんです。
しかも、それだけじゃないんです。
腰痛にならない普段の日常の動作のコツをわかりやすく教えてくれます。
しかも、一度知ったら2度と忘れません。

疲れない体になる背中のコツ

著者野口早苗さんは日常生活を快適に送るには何事を【背中を使う】を意識をすることが大事と説きます。

背中で立ち、背中で歩く、背中で座ることが大事なんでそうです。
いつでも背中を意識しないといけないようです。
背中を意識にするには【3ミリの意識づけ】がポイントです。

これだけで人生激変3ミリの意識づけ

  1. 頭を3ミリ頭上に引っ張られる
  2. 肩甲骨を3ミリ真ん中に寄せる
  3. お腹3ミリ引っ込める
  4. お尻の穴を3ミリ引っ込める
    頭・肩甲骨・お腹・お尻の穴。4つの3ミリを意識するだけで姿勢が激変!

私も実践して姿勢が伸びた。足が伸びた気がしました。
ただ意識を変えるだけでこんなに人間変わるんですね。 

 

 

その他も誰でもできるハードルが低いけど効果バツグンの体操と、
かんたんに実践できる背中を意識する体の使い方が満載。

ついに出会ってしまった決定的な1冊かも……。

ま、いっかけん
「WストレッチはアマゾンkindleUnlimitedなら標準で読めるのでお得ですよ。私はあまりにもいい本なので、Unlimitedで読んだ後、1冊購入しました。これで一生腰痛とはサヨナラしたいなあ」




スポンサードリンク




スポンサードリンク